office item

あると便利!オフィスで導入したOA機器の基本情報をチェック

3dプリンターの基本

社内

立体物を作成する際に

3dプリンターは印刷によって立体物を表現したいような際に用いられる機器となっています。通常、印刷を行う際には紙面をイメージするような方も多くいらっしゃる事でしょう。このような印刷は平面の印刷を呼ばれており、平面印刷を行うために用いられる機器の総称を、2dプリンターと呼ぶのです。3dプリンターを利用する際にはPCでデータを準備する事によって、印刷する事が可能となります。データを準備する事ができれば、立体物を気軽に作成する事が可能となっている訳なのです。今までは立体物を制作するために、どうしても手間をかけて製造を行う必要がありました。3dプリンターが登場した事によってそれらを行う手間を省く事が可能となり、コストを下げることも実現されたのです。3dプリンターは制作を行っている会社が、試作を行うような目的で導入されている事が多くなっているでしょう。部品を製造しているような会社では、その原型を作成するために3dプリンターを利用している方も多くいらっしゃいます。プリンターを利用して型を作成する事によって、制作に掛かる過程を大きく省略する事が可能となったのです。

最近注目されている理由

さて、3dプリンターはいつ誕生したものかというと、30年ほど前の日本だと言われています。以外にも古くから3dプリンターの技術は発案されていますが、その技術が注目されるようになったのは、最近になります。どうして最近になって3dプリンターが注目されるようになったのかというと、アメリカの会社によって3Dによる印刷の技術の特許が取られていた為だと言われています。そのため日本の3dプリンターの技術が公開されたのは、最近になってからとなりました。最近では3dプリンターの技術の開発も進み、低コストでプリンターを導入する事も可能となったのです。一般の方でも3dプリンターの技術を利用する事ができるようになりましたから、その技術の認知度が急激に高まったと言えるでしょう。
3dプリンターの技術に関して気になるといった方も多いと思いますが、その基本的な仕組みとしては素材を溶かし、層を作る事によって立体物を造形していくものとなっています。そのためモノとして成り立つような立体物であるのなら、どんなものでも表現する事ができるでしょう。

OA機器に関連する記事

3Dプリンター

利用する前に

3dプリンターを導入する際には、事前に知識を深める事が大切となりますよ。例えば3Dのデータを制作するための環境を整える事や、データを制作するための知識を持っている必要があるのです。

READ MORE

ラミネートがおススメ

オフィスで利用する製品としてあると便利なのが、ラミネートになります。こちらではラミネートを利用する事で得られるメリットについて紹介していきます。導入を検討されている方は、こちらを要チェック!

ラミネートの加工を行う際のメリット

  • 紙の状態を美しく見せる事ができる
  • 耐久性をアップさせる事ができる
  • 紙以外のものもラミネートする事ができる
  • 印刷が落ちてしまう心配が無くなる
  • 偽造防止の対策として利用できる

トナーを選ぶ際に

コニカミノルタのコピー機を利用する際には、必須となってくるアイテムについて把握する事が重要となってくるものです。特に重要となってくるものはトナーとなるでしょう。ここではトナーとインクの違いについて解説していきます。

トナーとインクにはどのような違いがあるのか?

トナーの特徴

複合機を利用する際には、トナーを用意する必要があるでしょう。トナーとは印刷を行う際のインクに該当するものとなっています。トナーは粉末状となっているインクが採用されている事が一般的となっており、トナーのインクを定着させる原理としては、熱と圧力をかける事となります。しっかりとインクを紙に定着させる事ができますから、耐久性に優れた印刷を行いたい場合に向いていると言えるでしょう。さらに印刷の時間が早くなるといったメリットがありますから、オフィスなど大量に印刷を行う必要があるような場合には非常に便利となるのです。さらに普通紙にカラー印刷をすることも出来ますから、紙の費用を削減させることも出来るでしょう。

インクの特徴

インクは液状となっているものが一般的となっています。液状のインクを利用して印刷を行っていく際には、インクジェットプリンターを使用する必要があるでしょう。インクを噴きかけつつ、熱、そして圧着という方法で印刷が行われる事となります。インクジェットの利点として挙げられるのが、色の表現の幅が広いという事でしょう。そのためビジュアルを重視するようなシチュエーションで用いる事が望ましいと言えます。パソコン上のモニターの色と、実際に印刷して仕上がった色の差が発生しにくい事から、写真を印刷するような時におススメです。またインクジェットを利用して印刷をする際には、正しい紙の種類を選ぶことによって綺麗な仕上がりにする事が出来るでしょう。トナーを利用する複合機と比べて印刷する際に時間がかかると言えますが、仕上がりを重視したい際には最適となるのです。

[PR]

コニカミノルタのトナーを注文
商品を簡単にサイトで検索 1台あると便利な3dプリンター!
活用事例をチェック☆ ビジネスフォンのリースを依頼
スタッフがすぐに業者の案内! 3Dプリンターが欲しい
商品の一覧情報を調べちゃおう!

[PR]

広告募集中